カラコンの基礎知識

カラコンという呼び方が一般的になっていますが、正式名はカラーコンタクトレンズと言います。

メガネの代わりに使う、度が入ったカラコンもありますが、カラコン人気が高まったのは、装着するだけで瞳の色や大きさを変えられるという理由です。

以前はコンタクトレンズを除くカラコンは、薬事法の対象にはなっていませんでしたので、ネットなどでも自由に購入する事が出来ました。

視力をカバーするために使うコンタクトレンズは、購入する時には医師の処方箋が必要ですが、カラコンはそれがなかったために、正しい使い方をしなかった人も多く、カラコンを使った事が原因のトラブルが続出しました。

これを受け、現在ではカラコンも度入り、度無しの関係なく、薬事法の対象品になっています。

カラコンも正しく使っていればトラブルなどは回避できますが、思い込みや間違った使い方をしてしまい、失明したというケースもあるといいます。

◇カラコンの安全性や購入方法、カラコンについての色々が気になる方はへのオススメリンク⇒カラコンのクエスチョン解決します

現在はカラコンの購入をする場合は、メガネと同じように医師の処方箋が必要になります。

ネットから購入する場合は処方箋なしでも購入できてしまいます。

何度か使った経験がある人はまだいいのですが、初めて使う場合は思わぬトラブルなどもありますし、自分の目に合ったカラコンを選ぶためにも、念のため眼科で目の検査を受け、処方箋を出してもらう事をおすすめします。

ちなみに初めて使用して問題なければ、2回目以降は処方箋なしで購入しても大丈夫でしょう。

Comments are closed.